認知症と歯の本数には関係があるのか!?

『認知症』とは人や場所や物事を記憶することが困難になる脳の病気です。
認知症はまた『脳血管性認知症』や『アルツハイマー型認知症』という種類に分類されたりします。

この『認知症』と『歯の本数』が関係あるのではないかと言われています。
ある調査によると、70歳後半の健康方の歯の本数は平均9本だったのに対し『脳血管性認知症の患者』平均6本、『アルツハイマー型認知症の患者』平均3本だったようです。

また、同時に頭部をCTで撮影して脳の状態を調べたところ、歯の本数が少ないほど脳の委縮が進んでいることが解りました。これだけでは確実なことは言えませんが、もしかすると『歯で噛むことが脳を活性化させるんじゃないか?』と考えることもできるのではないか?と思ったのです。

その調査とは別にある研究チームが、約4500人を対象に、愛知県在住の65歳以上の健康な方の歯の状態をアンケートした上で、その4年後の間に認知症を発症したかについて調べたようです。
その結果『自分の歯が20本以上ある人』に対して『歯がほとんどなく、入れ歯も使っていない人』とでは後者の方が認知症になるリスクが1.9倍、『自分の歯が20本以上ある人』と『歯がほとんどなく、入れ歯を使っている人』とではリスクが1.2倍に高まっていたという結果が出たようです。

歯医者SEO対策ならお任せ下さい。被リンク構造の質がまるで違います。<完全返金保証付き!>

この結果により、歯の本数と認知症が関係するというか、『噛む事』と『認知症』のほうがはるかに関係があるのではないかと感じました。
歯を大切にして、なるべく歯が抜けないように努力し、もし抜けてしまっても『入れ歯』などをはめるようにし、『しっかりと噛む』ことを優先すれば、認知症のリスクは軽減できるのではないかと推測しました。
■やはり中国製技工物は怖い!

それでも中国製歯科技工物を使い続けますか?

テレビ局の放送で日本に輸入される中国製歯科技工物から、日本では使用禁止の有害金属が混入しているという事を知りました。
その有害禁止金属というのは、『ベリリウム』というもので、25年以上前に当時の厚生省が日本国内で使用を禁止したものです。

中国の歯科技工所に金を主成分とした合金を使用した技工物を注文し、送られてきた技工物を某歯学部で数人の歯科医師に協力してもらい、分析したところ、送られてきたその技工物は「ニッケルクロムモリブデン合金」だったようです。つまり、勝手に安い合金に変えられて作られたということです。

更に、その「ニッケルクロムモリブデン合金」自体をある研究所で分析したところ、日本では歯科合金への使用が禁止されているベリリウムが1.2%~1.9%含有していたそうです。

検出に立ち会った研究者のコメントは「量的に誤って混入されてとは考えられない。故意に入れられた可能性が高い」というものでした。

WHOの下部組織である国際ガン研究機関により、ベリリウムという金属は、発ガン性が最も確実視されるグループ1に分類せれている金属であります。
その金属が口腔内に装着されるかもしれないとは、本当に恐ろしいことです。
歯科医院に配布されている中国の歯科技工所の注文チラシでは、その料金は日本の半分から5分の1程度の金額だそうです。しかし、安くても有害金属が含まれていたとしたら、元も子もありませんし、第一患者さんはどうなるのでしょうか?どこの歯科医院が妥当なのかと悩んでいるなら、こちらの歯科医院がもってこいです。21時まで受け付けをしていますし、とにかく治療が懇切丁寧です。

2008年10月29日~同12月31日の期間で、47都道府県を対象に、日本歯科医師会会員61,460名の中で、5%(3,037名)を無作為に選択し、アンケートを実施した結果、回収数が2,021通。歯科補綴物の海外委託経験率は7.4%。毎月の発注件数は10件未満が 96.0%でした。

さらに今後発注する予定がないと回答したのは、83.8%ということで、平成18年以前から、69.3%、平成19年:24.0%、平成20 年:6.7%と減少傾向にあるようです。

委託は、中国:`71.3%、アメリカ:15.3%、EU諸国6.7%。
委託方法は、歯科技工所経由が最も多く、 84.7%。
具体的な補綴物の内容は、ノンクラスプ義歯78.0%、オールセラミッククラウン・ブリッジ8.7%、金属床義歯6.0%、陶材焼付クラウン・ブリッジ6.0%。

以上のアンケートの結果を見て、こんな有害金属を使用された事実を知ってか知らずか、まだ中国に発注する歯科医師がいるということに驚愕すら感じます。
知っているのに、ただ安いだけで発注しているのだとしたら・・・医療従事者としての資質どころか、人間としていかがなものでしょうか。

海外技工物の取り扱いを巡っては、80人ほどの全国の歯科技工士が歯科技工の海外委託の禁止や地位保全、損害賠償を求めて法務省と厚生労働省を訴えました。

その裁判の一審、二審は海外技工物には違法性や安全性に問題がないとする国が勝訴しており、最高裁でも国が勝訴しました。
日本の安全はこれで守れるのでしょうか?
歯科材料の輸入は『薬事法』で厳しく取り締まっているのになぜでしょう?

歯肉炎を起こしてしまうと、毎日の歯磨きの時、林檎をかじりついたとき、歯茎からの出血があったり、歯ぐきがなんとなくむず痒いなどのこのようなトラブルが出ます。
いまや医療の技術開発が進展し、驚くことに針の無い無針注射器や痛みの少ないレーザーの治療器を利用することにより、痛みを大分減らす事のできる「無痛治療」という選択肢が用意されているのです。
職業に関わらず全ての働く人についても当てはまる事ですが歯科衛生士のような医療関係の会社に身を置く人はとくに勤務中の格好に万全の注意を払わなくてはいけないとみられています。
カリソルブという薬品はわりと狭い虫歯の治療には用いますが、重度の虫歯に対しては適していないので、その点をご注意ください。
針の無いがついていない無針注射器のシリジェットとレーザーの治療器を両方採用して処置すると、むし歯も口内炎もあの苦痛を九分九厘与えないで施術することができるといわれています。


ずっと歯を使うと、歯の外側を覆うエナメル質はだんだんとすり減って脆くなってしまうので、なかにある象牙質自体のカラーが密かに目立ち始めます。
歯を長々と保つにはPMTCはとても大切なことであり、この技法が歯の治療した効果を長期間保存できるかどうかに強く関わってくることも現実なのです。
数が少ない口腔外科は、その特殊性として、顎口腔機能の治療を主な目的としているので、内科的な処置やストレスによる精神障害などに及ぶほど、診察する範疇はあらゆる方面で内在しているのです。
歯の外面にくっついてしまった歯垢と歯石などを取り去る処置を歯科ではクリーニングと言いますが、これらの歯垢と歯石等は虫歯の素因とされています。
日々の歯ブラシでのケアを怠らずにやってさえいればこの3DSの効果でむし歯の菌の除菌された状態が少なくとも約4ヶ月~半年安定するようです。


メンテは、美容歯科に関する療治が終わり希望通りの施術後ではあっても、おろそかにせずに持続していかなければ徐々に元の状態に帰してしまいます。
初期の頃は歯周病の菌が歯の表面に貼りつき、それが大元で歯肉に炎症が生じて赤くなって熱を持ったり、歯のブラッシングをするといつも血が出るような状況になるのが歯肉炎の所見なのです。
入歯という人工的なものに対しての後ろ向きな心象や固まった先入観は、自らの歯との使った感じを比べて考えるためにどんどん大きくなっていくからだと考察されます。
審美の観点でも仮歯は外せない働きをします。両方の目と目をまっすぐに繋ぐ線と前歯の先の部分がまっすぐ同士でなければ、顔の全体が歪んだイメージを受けます。
PMTCを利用することで、通常の歯ブラシを利用した歯の掃除では完璧に落とすことのできない色素の沈着や、歯石とも異なる付着したカス、ヤニなどを丁寧に消します。

口の開閉によって起こる筋肉の緊張を少なくし、歪んだ顎関節内部を正常に治すリハビリを行ったり、顎関節が動くのを自然にする有効な運動をおこないましょう。
手入れは、美容歯科に関する療治が成し遂げられ満足な施術後でも、怠らずにずっと続けていかなければ治療を始める前の状態に帰してしまいます。
口内炎の程度の重さや出るところ次第では、舌がただ向きを変えるだけで、かなりの激痛が生じるため、唾液を飲み下すことさえ辛くなってしまいます。
歯の表面のエナメル質に貼りついた歯石や歯垢等を取り去る処置を、デンタルクリーニングと呼びますが、これらの歯垢や歯石等は、虫歯を引き起こす素因となるそうです。
口の臭いを和らげる効能がある飲みものとして、コーヒーが知られていますが、あまり飲み過ぎると口内の水分がカラカラに乾燥してしまい、むしろ口の臭いのきっかけとなるそうです。

インプラントを行うことによるメリットは、入れ歯では実現できない問題点を簡単に解決してしまうことや、本来の自分の歯に近づけるようにすることが出来たり、インプラントを実施した歯以外の歯を守ることが代表例です。
例えば歯冠継続歯が変色してしまう要因にあげられるのは、継ぎ歯自体の色が褪色する、差し歯ではなく周りの歯が変色を起こしたという2つの事象が残念ながらあります。
上の歯と下の歯の噛み合わせの悪い状態は、顎関節に痛みを伴う顎関節症の引き金の一部ではあるようですが、それとは別の誘発事項が確かにあるはずだという認識が広まるように変わってきたそうです。
アゴを動かすと痛む入れ歯、はまっていない入れ歯は、それが故にじっくりとアゴを動かせずに丸ごとのどを通してしまう事例が、頻発してきてしまうとの事です。
奥へ広がった歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)には、歯垢が簡単に入りやすく、そういう具合に溜まったケースは、毎日の歯みがきのみ実施しても、残念ですが完全に取り去るのは不可能です。

歯科で使われるカリソルブは、要するに「科学技術によって虫歯の所だけを集中して溶かす薬」です。その折、むし歯ではない部分の歯には何も害のない薬です。
やっかいなプラークが蓄積しないよう、歯石の予防を毎日するのが、極めて重要なポイントになります。歯垢の溜まりやすい所は、隅々までケアすることがとりわけ肝心になってきます。
歯のクリーニングは、歯周病の菌のはびこるのを食い止める良い方法だと、科学で証明され、ただなんとなく清々しいというだけではないとのことです。
インプラントの特徴は、異物感なく、食事も健康な歯のように楽しんで過ごせます。また有難いことに、他の治療法に対比して、あごの骨が徐々に痩せていくというようなという結末を心配する必要がありません。
よく知られているホワイトニングの処置は、歯表面に付着した汚れた物質をよく掃除した後で実行するのですが、“ホームホワイトニング”と歯医者さんで行うオフィスホワイトニングという、施術場所の違う2つのサービスが開発されています。