脱灰と再石灰化

初期のむし歯はまず経過観察を!
むし歯は脱灰と再石灰化の競争です!

歯の表面に付着した歯垢(プラーク)、その本体は細菌です。約2~3億の細菌が歯垢1mg中に生息しています。
このうちミュータンス菌やラクトバチラス菌などが、むし歯の原因菌となります。

食物中の糖を細菌が取り込み、分解して酸を産生し、この酸が歯の成分であるハイドロキシアパタイト(リン酸カルシウムの結晶)を溶解するという過程が脱灰という現象です。

食事のたびにエナメル質表面の成分が溶け出し(脱灰)ますが、唾液が酸を中和し、エナメル質表層が再石灰化され、元の状態に戻ります。

生体には唾液の再石灰化作用のように、本来備わった抵抗力があるということです。
この脱灰と再石灰化のバランスが程よく保たれていれば、むし歯にはなりません。

歯がむし歯になり、穴があくという現象は脱灰(細菌)と再石灰化(生体の抵抗力)が競争をして脱灰が勝っていることを意味します。
この競争で再石灰化に力を貸す行為が、プラークコントロール、食生活の改善(間食の制限)、フッ素の応用などの手助けということになります。

むし歯は脱灰と再石灰化の競争
歯の表層のエナメル質が浸蝕され、穴があいた状態がむし歯です。
ほとんど初期には痛みを感じませんが、象牙質、さらに歯髄(歯の神経)へとむし歯が悪化すると、強い痛みを伴うようになります。
痛みがあれば、歯科医院を訪れ、治療を受けるでしょう。

このように治療を要するむし歯は、早期発見・早期治療が大変重要です。
ところが、残念ながら歯は一回治療すれば、二度とかからない訳ではないということ。何よりも『削ってつめる』という治療をしないようにすることが最も大切です。
そこで、歯の表面に目で確認ができる穴があく前、つまりごく初期のむし歯で、歯の表面が白く濁っていたり、表面的な褐色が認められる状態の時から管理して、むし歯の進行を抑制しようというのが近頃の考え方です。
管理とはごく初期のむし歯を発見し、歯を削らずに、むし歯が進行しないようなケアや食生活の改善などの対策を立て、定期的にむし歯の進行状態をチェックしていこうというものです。
このように経過観察(Observation)の必要なむし歯をCO(シーオー)と診断して、治療の必要な歯と分けて扱います。

プラークコントロールが一番!

むし歯や歯周病予防のためには、原因であるプラークを完全になくすことですが、これは不可能です。
そこでプラークの増殖を抑制し、悪影響を及ぼさない程度にいつも抑制、管理しておくことが必要です。
つまり『プラークコントロール』(歯ブラシなどの清掃用具による)が最も大切なのです。更に定期的な歯科健診により、プラークコントロールの状態とむし歯の進行状態の確認が必要になります。

これらが達成されて、初めてフッ素やキシリトールの応用が有効になります。簡単な方法に頼ることなく、地道な自己管理を心掛けましょう。

在宅での医療で歯科衛生士が要望されるのは、一番に患者の口内を洗浄して清潔にすることです。口腔内が汚れている状態のままだと、菌が繁殖している不衛生な歯のカスを飲み込む可能性があります。
ずっと歯を酷使し続けていると、歯の表層であるエナメル質は段々とすり減って弱体化してしまうので、なかにある象牙質自体の色がちょっとずつ透け始めます。
ムシ歯に端を発する知覚過敏は、ムシ歯は意外なほど深刻化していると思われ、歯牙の痛みも連続しますが、そうではないケースは一過性の様態で収束するでしょう。
PMTCが、日々のハブラシの歯みがきで消しきれない色素の沈着や、歯石と一緒ではない付着物、ヤニなどを見事なまでに消します。
歯に付く歯石はプラークとは異なって硬いため、歯を磨くことで取ることが難儀になるばかりか、そこが細菌の住みやすい場所となって、歯周病を起こします。


ここ最近では歯周病になる元凶を消すことや、原因菌に感染したゾーンをきれいにすることによって、組織の新しい再生が期待できる歯科の技術が発見されました。
上部の親知らずは下部と比較して麻酔の効能が有用である抜歯の時も痛さを感じるという実例が少なく、痛みに虚弱な方が対象だとしても、手術は意外と簡単に成されます。
端正で美しい歯並びになりたい人は、要領良く美容歯科を得意とする歯科を駆使してはいかがでしょうか。高い技術を有する美容外科では全体的な観点からの療法を約束してくれるでしょう。
審美歯科にあっては相好ばかりでなく、不正咬合や歯並びの修整を行い、その所産として歯が持つ生来の機能美を復するということを探っていく治療方法なのです。
口の開け閉めによる筋肉の緊張を減らし、曲がった顎関節内を正しい値に治すトレーニングを取り入れたり、顎関節の動き方をよりしなやかにするトレーニングをやってみましょう。


大人と同じで、子供の口角炎の場合にもいろんな誘発事項が予測されます。とりわけ目立つきかっけは偏食と細菌の働きによるものになっています。
医師によるインフォームド・コンセントは今の患者の病状を詳細に掴み取り、それに向けた治療の方法に自発的に対応するようにしましょうという思いにのっとっています。
自宅訪問する歯科診療の事例は、該当処置が完了した後も口腔内のケアのために定期的に幾度か歯科衛生士たちが伺うことがままあるそうです。
口のなかの唾はすっぱそうな物や、美味しそうな食べ物を目の前にすると自然に分泌されるのですが、実はムシ歯や歯周病などの病気を抑制するのに有効なのが前述した唾です。
専門的な話をすれば、虫歯は、虫歯の元凶の菌が歯を溶かす進み具合に、歯の再石灰化の機能(とけてしまった歯を元の通りにする効用)の進度が落ちてくるとできてしまいます。

例え成人になったとしても永久歯は虫歯にかかりますが、乳歯は構造上、永久歯に比べると酸への耐性が低いので、デンタルケアをさぼると、乳歯の虫歯はあっさり重症になってしまいます。
寝ている間は分泌される唾液量がすごく少量なので、歯の再石灰化の働きが動かず、phバランスの悪い口中の中性状態を確保することが不可能です。
いまや広く世間に認識されることになった、あのキシリトールを含むガムの性質によるむし歯の予防も、こういった研究開発の結果から、創造されたものとはっきりいえます。
口の臭いの存在を家族に尋ねられない人は、ものすごく多いはずです。そういう人は、口臭予防の外来で口臭の専門治療を受けるのをお奨めします。
セラミックの治療と一口に言っても、様々な材料や種類等が用意されているので、歯科の医師とじっくり相談して、自分の歯に適した内容の治療を絞り込みましょう。

口内の唾は、いかにもすっぱそうな物や、美味しそうなものを見ただけで出てくるのですが、以外なことにムシ歯や歯周病などの病気の防止に有用なのが前述した唾液なのです。
これは顎を使うと同時に、顎の関節にカクカクと異音がするもので、症状では特別多く見られており、なかんずくなり始めの頃に多く起こっている状態です。
ドライマウスの中心的な病態は、口腔内が乾く、喉が渇く等が大半を占めます。重度の患者には、痛み等の症状が出現することもあるのです。
虫歯や歯周病などが痛み始めてから歯のクリニックに駆け込むケースが、多いのですが、予防目的でいつも通っている歯科にみてもらうのが本当は好ましいのです。
入歯というものに対する後ろ向きな心象や偏見は、自分の歯牙で噛んだときの感じと対照させるために、どんどん拡大してしまうのではないかと察します。

エムドゲイン薬を歯周外科で処置する時に患部に塗布すると、初めて歯が生えたような様子と一緒のような、頑丈に貼り付く歯周再生を活性化することがありえます。
口の開け閉めが起こす筋肉の緊張をなくし、ずれてしまった顎関節の奥を正しい値に治す運動を実践したり、顎関節が動くのをより円滑にする有効な運動を実践します。
口の中が乾くドライマウスというのは、ストレスが元になって見られるようになってしまうケースもよくあることなので、更にこれからの未来では、バリバリ働く年代の男性にも症状が出てくる危険性は十分にあるのです。
虫歯の元は、ミュータンス菌と名付けられた大元の菌による汚染なのです。口のなかに虫歯菌が発生したら、それを完璧に無くす事はことさら困難です。
自宅訪問する歯科診療の場合では、医師の治療が終わってからも口のケアをしに、ある一定の頻度で担当の衛生士が、伺うことが何度もあるとの事です。